April 01, 2007

的中?「いやな予感」

やっぱり?逓増定期の経理処理が変更になるかもっていうので「確定」するまで販売停止にした保険会社が続出している。過去のブログで「いやな予感」として一言いったが、的中しそうな気配。A社が長期傷害リリース→1年以内に経理処理の変更、それから約1年後に、同A社が新逓増定期リリース→「イヤな予感」と感じていたらヤッパリみたいな方向に行っている。これで当分法人向けには逓増は販売できない。今まで逓増で仕事していたというそんな芸風の皆さんはどーするつもりなのでしょう。法人が無理なら個人向けにどーですか?「なにいってんの?」「アホじゃない?」って思うでしょ、そうだよね、昨日まで私もそう思ってたんですよ。ところが、S社のソリシターの方から面白い情報をいただいた。ある代理店から個人向けの販売は続行して欲しい旨のリクエストがあって、了承したとの事。ね、ピンときたでしょ。法人の経理処理なんて関係ないんですよ、個人向けには。面白いでしょ、そう思いませんか?コレ、売れますよ、スッゴク。
「低解約金」・「90%以上の返戻率」・「払済」・「名変」の4つの機能さえあれば十分販売可能、だ。ひょとしたら、今まで以上に売上げが上がるかも。で、もう解ったでしょ、どんなシナリオでいけばいいか。まだわからない方は→もっと考えてください。どーしてもという方は、「がん保険、買って」ね。

17:26:12 | n-sekiguchi | comments(1) | TrackBacks